スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IRON MAIDEN「The Number Of The Beast」

魔力の刻印
魔力の刻印アイアン・メイデン

EMIミュージック・ジャパン 1998-10-28
売り上げランキング : 129677


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(1982)
英国産。3rd。

邦題「魔力の刻印」
ブルース・ディキンソン(Vo)加入。
もんの凄い歌唱力。レンジも広いし、早口です・・・。

いまだ色褪せてないというのが凄い。ベースで練ったハリス作のリフと3連譜中心のリズムの上を流麗なGが舞う。パンキッシュさは全くなく、ブルースの圧倒的なヴォーカルをフィーチャーした今のメイデンがここにあります。劇的に変わる曲展開は相変わらず。エイドリアン・スミス(G)が作曲に加わったことでよりストレートになり、メロディが格段に良くなりました。すんげーレベルを擁しています。前作よりもPOPな感じがします。明るい曲が多いですね。

スピード感満点の①Invaders、叙情的な②Children Of The Damnedではブルースの圧倒的なヴォーカルが堪能できます。激キャッチーなサビメロにスピード感、ドラマティズムがとてつもなく高い③Prisoner、サビメロでの高揚感がなんともいえない心地良さの⑥Run To The Hills

唯一の不満点といえば、あまりにドラミングがシンプルすぎるくらい。メロディといい曲の構築、劇的な展開、スピーディで流麗なギター・ワーク。どれも高次元のクオリティを擁しています。名曲だらけの今だ色褪せることのない超名盤です。



新譜はこちらのブログでレビューしてます。
ヘヴィメタル僕流レビュー

メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで
スポンサーサイト

テーマ : ヘヴィメタル
ジャンル : 音楽

IRON MAIDEN /「Killers」

キラーズキラーズ
アイアン・メイデン

EMIミュージック・ジャパン 1998-10-28
売り上げランキング : 27647

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(1981)♪♪♪♪
イギリス産。2nd。

デニス・ストラットン (G) に変わりエイドリアン・スミス (G) が加入。

やっぱりパンキッシュに聴こえますね~。ポール・ディアノ(Vo)の声が影響してると思うのですが。大作は少なく、コンパクトです。様式美は薄れていますが、エネルギッシュですね。終始張りつめられた緊張感が心地良く、④Another Life をはじめダイナミクスが半端ない。とてつもなく劇的でした。

インスト①The Ides Of March からドライヴ感のあるBが印象的な?Wrathchild、臨場感あるインスト⑤Genghis Khan でのGソロの流麗なこと。かっこいい~。場面展開が見事な⑦Killers は、当初インストだったそうな。これまたびっくりなほどPOPなイントロ⑧Prodigal Son、リフがかっこいい、爽快な⑨Purgatory と粒ぞろいの楽曲は非常に質が高いです。

少しずつですが、ドラムがついていけてないですね~。
せわしなさを感じます。疾走感というよりね。

メロディの質は前作よりも上かもしれません。Gの流麗さが増しており、気持ち良かったです。ですが、全体的に楽曲のバランスが悪いかなと。妙にPOPなメロディがちょっと引っかかりました。

②Wrathchild ⑤Genghis Khan⑨Purgatory
そして、⑪Drifter は是非に聴いてほしい曲です。流麗なGソロは聴いて損はないです。ほんと素晴らしいですよ。

新譜はこちらのブログでレビューしてます。
ヘヴィメタル僕流レビュー

メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで

テーマ : ヘヴィメタル
ジャンル : 音楽

「Iron Maiden」/IRON MAIDEN

鋼鉄の処女
鋼鉄の処女
(1980)♪♪♪♪♪
イギリス産。1st。

80年代に巻き起こったNWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)
というムーブメントから現れた代表的バンド。

メンバーは
スティーヴ・ハリス(B)デイヴ・マーレイ(G)
ポール・ディアノ(Vo)クライヴ・バー(Dr)
デニス・ストラットン(G)

ポールのワイルドな声もあってパンキッシュなんです。
スティーヴはパンクが嫌いだそうで影響はないと言ってますが・・・。
スピーディな②Sanctuary やワイルドなポールの声とよくあっている
⑧Charlotte The Harlot 攻撃的でストレートな名曲⑨Iron Maiden 等にパンキッシュな感じがうっすらとですがあります。

今ほどではないですが、スティーヴのガリガリ・ベースもこの頃から。
クライヴのスピーディなドラミング。
テンポについていけてないというわけではなく、独特なんですよ。
ハイハットが特にね。よりスピーディーに聴こえます。

やはりリフですかね。ザクザクとして鋭く、切れ味最高です。
ドラマティックな展開もありますが、
攻撃的でストレートな曲が多いですね。

イントロのリフが素晴らしい。これですんなり入り込める①Prowler
厳かな雰囲気からドラマティックな展開へ③Remember Tomorrow
シャッフルのリズムで躍動感のある④Running Free
曲展開の絶妙さ、名曲⑤Phantom Of The Opera
流麗なギターワークのインスト曲⑥Transylvaniaからムーディで叙情的な⑦Strange World へ。

なかなかワイルドで初期の名作ではないでしょうか。
ブルース・ディキンソンで慣れている方は一度聴いてみて下さい。
ポールの歌声もいいものですよ。



メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで

テーマ : ヘヴィメタル
ジャンル : 音楽

メルマガ
アクセスカウンター
プロフィール

敏紫

Author:敏紫
ご覧頂きありがとうございます。
HM/HRのアルバムをレビューしています。
70年代や80年代のアルバムが中心です。

初めての方はこちらをどうぞ

僕の音楽の嗜好です→こちら

評価はこちら

リンクフリーです。相互リンクしたいので連絡ください。
コメント、トラックバックもお気軽にどうぞ。

自己紹介として読んでみてください↓
HR/HM 好きの方へ100の質問

アマゾン
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ぼやき
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。