スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Breaking The Chains」/DOKKEN

Breaking the Chains
Breaking the Chains
(1982)♪♪♪
アメリカ産。1st。

メンバーはドン・ドッケン(Vo) ジョージ・リンチ(G)
フォアン・クルーシェ(B)ミック・ブラウン(Dr)

フォアン・クルーシェは後にRATTに加入します。
このアルバムで実際にはピーター・バルデスがベースを弾いています。

このドンの声は聴かなきゃ損ですよ。

この1stは音質も良くなく、楽曲も練不足なので物足りなく感じますが
1.Breaking The Chains は名曲です。ドンの透き通った美しく
マイルドな声。僕はこの声に魅了されました。

ポップで湿り気がある4.I Can't See You ひねりを加えたリズム、しっとりサビメロ7.Seven Thunders ザクザクリフ、叙情性を帯びたLAメタルチューン8.Young Girlsこの曲のギターソロ好きです。

当初、ドンはギタリストをいれず、トリオ編成でいくつもりでした。
ドラムのミック・ブラウンがジョージ・リンチと一緒じゃなきゃ嫌だということでギタリストを入れた経緯があります。ドンがVOとGを兼ねたかったようです。だからなのか、ドンの声とジョージのアグレッシヴなギターとの絶妙さがない。ちょっとぎこちなさもあるくらい。これが後々魅力になっていきます。そのあと、どんどん不仲になっていくドンとジョージですが・・・。

ものたりないアルバムではあります。
でも、デビューアルバムでこのクオリティは充分合格点ですね。



メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

メルマガ
アクセスカウンター
プロフィール

敏紫

Author:敏紫
ご覧頂きありがとうございます。
HM/HRのアルバムをレビューしています。
70年代や80年代のアルバムが中心です。

初めての方はこちらをどうぞ

僕の音楽の嗜好です→こちら

評価はこちら

リンクフリーです。相互リンクしたいので連絡ください。
コメント、トラックバックもお気軽にどうぞ。

自己紹介として読んでみてください↓
HR/HM 好きの方へ100の質問

アマゾン
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ぼやき
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。