スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

METALLICA「Master of Puppets」

メタル・マスター
メタル・マスターメタリカ

USMジャパン 2011-11-02
売り上げランキング : 4312


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(1986)
アメリカ産。3rd。

邦題「メタル・マスター」

アグレッシヴでスピーディなサウンドにクリフ・バートン(B)が持ち込んだ叙情的なメロディが絶妙に絡み合ったHM史上伝説の名盤。

メロディアスなアコギから静かに始まり、リズムにひねりを加えつつ、スラッシーに爆走していく①Battery、劇的なほど劇的で、情緒的なGソロが光る②Master of Puppets の流れは鳥肌もの。グルーヴィでヘヴィな③The Thing That Should Not Be、メロディアスでカーク・ハメットのGプレイが冴える④Welcome Home (Sanitarium)、最後までメロディアスです。

後にカークはソロしか弾かせてもらえてなかったことを知り、このアルバムの聴き方が変わりましたね。完全分業ですもん。でも集中できたのかなと。素晴らしいGソロを聴かせてくれました。

⑥Leper Messiah のグルーヴが結構好きなんですよ。ただでは終わらず爆走に切り替わる曲展開も素晴らしい。⑦Orion の叙情性は奇跡です。当然クリフ作。最後もスラッシーで締める⑧Damage, Inc. も見事。

今やこのアルバムのような新譜を求めるのは無理というものかと。クリフほどの独特なメロディセンスの持ち主が現れることはないでしょう。だからこその伝説の名盤なんですね。メロディ・曲展開は別次元のレベルの高さ。スラッシーでアグレッシヴさを失わず終始スリリングなのも超名盤たる所以なのです。




新譜はこちらのブログでレビューしてます。
ヘヴィメタル僕流レビュー

メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで

スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

IRON MAIDEN「The Number Of The Beast」

魔力の刻印
魔力の刻印アイアン・メイデン

EMIミュージック・ジャパン 1998-10-28
売り上げランキング : 129677


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(1982)
英国産。3rd。

邦題「魔力の刻印」
ブルース・ディキンソン(Vo)加入。
もんの凄い歌唱力。レンジも広いし、早口です・・・。

いまだ色褪せてないというのが凄い。ベースで練ったハリス作のリフと3連譜中心のリズムの上を流麗なGが舞う。パンキッシュさは全くなく、ブルースの圧倒的なヴォーカルをフィーチャーした今のメイデンがここにあります。劇的に変わる曲展開は相変わらず。エイドリアン・スミス(G)が作曲に加わったことでよりストレートになり、メロディが格段に良くなりました。すんげーレベルを擁しています。前作よりもPOPな感じがします。明るい曲が多いですね。

スピード感満点の①Invaders、叙情的な②Children Of The Damnedではブルースの圧倒的なヴォーカルが堪能できます。激キャッチーなサビメロにスピード感、ドラマティズムがとてつもなく高い③Prisoner、サビメロでの高揚感がなんともいえない心地良さの⑥Run To The Hills

唯一の不満点といえば、あまりにドラミングがシンプルすぎるくらい。メロディといい曲の構築、劇的な展開、スピーディで流麗なギター・ワーク。どれも高次元のクオリティを擁しています。名曲だらけの今だ色褪せることのない超名盤です。



新譜はこちらのブログでレビューしてます。
ヘヴィメタル僕流レビュー

メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで

テーマ : ヘヴィメタル
ジャンル : 音楽

METALLICA/「Ride the Lightning」

ライド・ザ・ライトニング
ライド・ザ・ライトニングメタリカ

USMジャパン 2011-11-02
売り上げランキング : 49560


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(1984)♪♪♪♪
アメリカ産。2nd。

ジェイムスのVoがうまくなってる?プロダクションが向上したからかな、聴きやすいです。重いドラミングでどっしり感が増していますし、Gソロのメロディが叙情的で素晴らしいです。現メガデスのデイヴ・ムスティンの名がまだクレジットされていますね。

のどかな雰囲気からアグレッシヴに展開する①Fight Fire with Fire、どっしりしたリフを持つ②Ride the Lightning のグルーヴは好みですね。叙情的でへヴィな③For Whom the Bell Tolls、びっくりのバラード、メランコリックで叙情的な④Fade to Black、激烈スラッシュ・チューン⑤Trapped Under Ice⑦Creeping Death、キャッチーでノリも最高な⑥Escape、リフ、リフで押し倒すインスト⑧The Call of Ktulu となかなかの佳曲が並んでいます。

このアルバムでの叙情的なメロディは、あの名盤の3rdで最高点に達します。クリフ・バートン(B)のメロディセンスによるところが大きく、このバンドが他のスラッシュ勢よりも頭一つ抜きんでたのはこのメロディが要因なのだと思います。それを考えるとこのアルバムはとても重要な位置を占めています。スラッシュを語る上でも重要なアルバムだと思います。再発を機にぜひ聴いてみてください。



新譜はこちらのブログでレビューしてます。
ヘヴィメタル僕流レビュー

メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで

テーマ : ヘヴィメタル
ジャンル : 音楽

IRON MAIDEN /「Killers」

キラーズキラーズ
アイアン・メイデン

EMIミュージック・ジャパン 1998-10-28
売り上げランキング : 27647

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(1981)♪♪♪♪
イギリス産。2nd。

デニス・ストラットン (G) に変わりエイドリアン・スミス (G) が加入。

やっぱりパンキッシュに聴こえますね~。ポール・ディアノ(Vo)の声が影響してると思うのですが。大作は少なく、コンパクトです。様式美は薄れていますが、エネルギッシュですね。終始張りつめられた緊張感が心地良く、④Another Life をはじめダイナミクスが半端ない。とてつもなく劇的でした。

インスト①The Ides Of March からドライヴ感のあるBが印象的な?Wrathchild、臨場感あるインスト⑤Genghis Khan でのGソロの流麗なこと。かっこいい~。場面展開が見事な⑦Killers は、当初インストだったそうな。これまたびっくりなほどPOPなイントロ⑧Prodigal Son、リフがかっこいい、爽快な⑨Purgatory と粒ぞろいの楽曲は非常に質が高いです。

少しずつですが、ドラムがついていけてないですね~。
せわしなさを感じます。疾走感というよりね。

メロディの質は前作よりも上かもしれません。Gの流麗さが増しており、気持ち良かったです。ですが、全体的に楽曲のバランスが悪いかなと。妙にPOPなメロディがちょっと引っかかりました。

②Wrathchild ⑤Genghis Khan⑨Purgatory
そして、⑪Drifter は是非に聴いてほしい曲です。流麗なGソロは聴いて損はないです。ほんと素晴らしいですよ。

新譜はこちらのブログでレビューしてます。
ヘヴィメタル僕流レビュー

メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで

テーマ : ヘヴィメタル
ジャンル : 音楽

「Slippery When Wet」/BON JOVI

ワイルド・イン・ザ・ストリーツ+ライヴ・トラックス(紙ジャケット仕様)/ボン・ジョヴィ
ワイルド・イン・ザ・ストリーツ+ライヴ・トラックス(紙ジャケット仕様)
(1986)♪♪♪♪♪
アメリカ産。3rd。

名盤ですね。HRを代表する名盤ですよ。

といいつつ、①Let It Rock のインパクトが弱い。
ですが、②You Give Love A Bad Name から③Livin' On A Prayer の流れは最高にかっこ良く、聴いていてどれだけ興奮したか。その後の4.Social Disease のエロさがなんともミス・マッチでびっくりしました。

いつ聴いても色あせない、いまだにライヴでも演奏される名曲がずらりと並んでいます。

ムーディーな⑤Wanted Dead Or Alive や力強く適度なしっとり感が心地よい⑧I'd Die For You、名バラード⑨Never Say Goodbye と好きな曲がとても多いです。

邦題になっている⑩Wild In The Streets は軽いHRなんですよね。で終わると聴後感がすっきりしたんですが、残念です。

深みのあるサウンド、激キャッチーなメロディはかなり中毒性が強く、何度も聴きたくなります。少し軽いのがひっかかりますが、前半のたたみかけといい、後半にも盛り上げる曲を配しているのはさすがです。

バラエティ豊富な初期の名盤です。
は聴いて損はしないと思いますよ^^



新譜はこちらのブログでレビューしてます。
ヘヴィメタル僕流レビュー

メルマガで先にレビューしますよ。
こちらの方が本音トーク。
詳しくはこちらで

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

メルマガ
アクセスカウンター
プロフィール

敏紫

Author:敏紫
ご覧頂きありがとうございます。
HM/HRのアルバムをレビューしています。
70年代や80年代のアルバムが中心です。

初めての方はこちらをどうぞ

僕の音楽の嗜好です→こちら

評価はこちら

リンクフリーです。相互リンクしたいので連絡ください。
コメント、トラックバックもお気軽にどうぞ。

自己紹介として読んでみてください↓
HR/HM 好きの方へ100の質問

アマゾン
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ぼやき
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。